サンパウロで韓国料理-2 MOaH Restaurante

2020/03/14

おススメレストラン

t f B! P L

MOaH Restaurante

記:2019年6月11日

以前の記事でご紹介した、アクリマソン地区にある韓国料理店のBicolがもともとあった場所にオープンしたのが、同じく韓国料理レストランのMOaHです。


まず、とってもキレイな外観にビックリです。

お洒落なフランス料理やイタリア料理のレストランかと思いました。
外観を見ただけではとても韓国料理のレストランだとは想像できません。
韓国料理レストランMOaH

サンパウロで韓国料理

中に入ってみると、まず入り口には子供用の遊具がありました。
以前は小さなブランコがありましたが、遊具もバージョンアップしてますね。

それでは、店内へ!

入り口のお会計カウンターもとってもキレイです。


アクリマソンやリベルダーデのレストランは割と閉店時間が早く、MOaHも21時半までの営業です。

私たちがMOaHに着いたのは20時半を回っていたのでお客様もチラホラしか居ませんでした。

既に店内にいたお客様たちも食事が終わり、デザートの頃合いです。

早くしなきゃ、と、少々焦りつつ2人前で1セットのプルコギセットを 注文 。

飲み物は韓国の伝統酒「マッコリ」をお願いしました。

韓国の伝統酒 庶民のお酒 マッコリ

マッコリ

実はアルコールが苦手で、普段はお付き合いで仕方なくビールを飲む程度の私は、マッコリを飲むのは今日が初めて。

「せっかくだから飲んでみれば?」という友人の一言に「そうだよね、せっかく韓国料理を食べに来たんだから、韓国のお酒も飲んでみないとね」という気持ちになり挑戦してみることにしました。

何故そんな気持ちになったかというと、最近ちょうど韓国の時代劇ドラマ「トンイ」にはまって、一気に最終話の60話まで見終わったところだったから、ということと、アルコール度数も6%で、そんなに高くなかったからです。

そして「マッコリはこの器でどうぞ」と言われて出されたのがこれです。

グラスが出されると思っていたので「これで?」と最初ビックリしましたが、そうか、マッコリにはこれで飲むのだと納得。

日本と同じように、ガラスのグラスが普及したのはきっとずっと後のはずです。

出されたこの器でマッコリを飲むと、トンイと王様がお酒を飲むシーンが思い出され、まるで自分がトンイになったかのような気分になってしまいました(笑)

マッコリの効能について

見た目は白く濁っているマッコリは、お米と麹から作られていて、とても優れた栄養素を含んでいるそうです。

発酵食品なので、ヨーグルトと同じように腸内の善玉菌を増やす乳酸菌が豊富で、腸内環境を整えてくれるとのこと。

腸内環境が整えば、免疫力アップが期待できますね!

また、ビタミンBや、シミやくすみの原因であるメラニン色素を抑制する働きがあるビタミンC、その他若々しい肌を作ると言われる植物性タンパク質も豊富に含まれているとのこと、美容効果も大です。

プルコギセット

そうこうしているうちに、ずらりと並べられる小鉢とお肉。
どれも、本当に美味しそうです!

プルコギ


これだけの量で、2人前でR$100とちょっとです。
女性なら3人で2人前を注文しても大丈夫なくらいです。

まとめ

ここMOaHはアクリマソンの住宅街にあり最寄りの地下鉄から徒歩圏内ではないため、タクシーをおススメします。

ただ、店内はとてもキレイだし味も最高に美味しいので、タクシーを使ってでも行く価値は十分にあります!

また、飲みきれなかったマッコリはお持ち帰りOKです。

おススメ度は星5つです!

 MOaH Restaurante 
サイト: http://www.moahrestaurante.com.br/ 
所在地: Praça Gen. Polidoro, 111 - Aclimação, São Paulo - SP
営業日:火~日 / 月曜日が定休日
営業時間:ランチ  12h~14h30
     ディナー 18h~21h30



にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


自己紹介

自分の写真
日本人がブラジルに対して抱くイメージは、良いものとしては「サッカー」「カーニバル」「陽気なラテン民族」というところでしょうけれど、一方で「治安が悪い国」、そして 何より「発展途上国」という目で見られていることを、ひしひしと感じています。 日本のTV番組を見ていると「アマゾン」や「ファベーラ(貧民街)」などを取り上げているものが圧倒的に多いので、仕方ありませんね。 ですので、このブログでは、ブラジル移住7年目の私から見た、ブラジルのあまり知られていないオシャレな部分を沢山発信していきたいと考えています。

このブログを検索

QooQ