苦手な人の対処法

2020/03/14

こころのなか

t f B! P L
どうしても、好きになれない人、いますよね。

苦手、嫌い。

苦手な人だから会わない、という訳にもいかない人間関係のしがらみの中で、ただただ、ストレスが溜まっていくだけの日々。

特に、1日最低8時間は一緒の空間で過ごす学校や職場に苦手な人がいる場合は、本当にしんどいですよね。

嫌いのエネルギー

イライラ

人を嫌うという感情にも、相当のエネルギーを必要とすると、ハタと気付いたことがありました。

それは、嫌いな人の事がずっと頭から離れない自分に気付いた時です。

これじゃまるで、恋をしている時と同じじゃない!と。。。

嫌いな人に一日中自分の感情を支配されている自分が、心底馬鹿らしいと思いました。

自分の人生から苦手な人をなくす方法

ではどうすれば、人を嫌いにならないですむのだろう?

嫌いな人の性格が変わってくれたらいいのだけれど、それはあり得ない。

自分の感情には自分で責任を持って対処するしかありあません。

私はその対処法を「ピアノ」から得ました。

ドレミファソラシド

ピアノが奏でるメロディは本当に素敵。

世界中に素敵な曲があふれていて、そしてこれからも、素敵な曲は次々と作られ続けるでしょう。

ドミソの和音、シレソの和音、ドファラの和音。
美しいです。

ちなみに音階の中で、私は「ミ」という音が一番好きです。

でも、こんな美しいメロディを奏でるピアノでさえ、ミとファを一緒に弾くと、なんとも言えない嫌な感じがします。

「不協和音」です。

合わない音があるのです。

苦手なあの人は「ファ」と思う


ピアノの「ミ」と「ファ」を同時に弾くことで 、この世の中には、自分とは合わない人が存在する、という単純なことを私は悟りました。

かつては、嫌いな人をなくすために、頑張って好きになろうと努力してみたこともありました。
それでも嫌いな人を好きになれない自分に「なんて心の狭い人間なんだろう」と落ち込んだこともありました。

でも、この「不協和音」を認識することによって、嫌いな人(合わない人)がいていいんだ、と思えて、それ以来 私は苦手な人、嫌いな人にあまり感情を取られないようになりました。

まとめ

嫌いな人の対処法、それは「この人にはこの人の生き方があり、私には私の生き方がある、ただ合わないだけ」そう思うだけです。

私は「ミ」であの人は「ファ」。

それ以上でも、それ以下でもないということを知ることです。

そう思うことで、私はいちいち苦手な人や嫌いな人にエネルギーを向けて、嫌な気持ちになる時間をかなり減らすことができました。

とにかく、自分が属する和音があるということを知ること。
逆に、何となく周りと合わず、自分が浮いているように感じるときは、自分はここでは和音のパートナーが少ない「ファ」だな、と思う。

また、席が変わった、などのちょっとした変化で、自分の音階の位置も変化していくことはよくあることです。

焦らない事です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


自己紹介

自分の写真
日本人がブラジルに対して抱くイメージは、良いものとしては「サッカー」「カーニバル」「陽気なラテン民族」というところでしょうけれど、一方で「治安が悪い国」、そして 何より「発展途上国」という目で見られていることを、ひしひしと感じています。 日本のTV番組を見ていると「アマゾン」や「ファベーラ(貧民街)」などを取り上げているものが圧倒的に多いので、仕方ありませんね。 ですので、このブログでは、ブラジル移住7年目の私から見た、ブラジルのあまり知られていないオシャレな部分を沢山発信していきたいと考えています。

このブログを検索

QooQ