パンデミックを予知していた?占星術ってすごいかも!

2020/04/07

コロナ

t f B! P L
トリプルグレートコンジャクション

ArtTowerによるPixabayからの画像

トリプル・グレート・コンジャンクション

記:2020年4月6日

生まれてはじめて聞いた言葉です、「トリプル・グレート・コンジャクション」。
3つの惑星が10度以内でピッタリ重なる配列のことだそうです。

20年に1度の割合で木星、土星が0度でピッタリ重なるコンジャンクションという現象に、
今回は冥王星も重なってくるというトリプル・グレート・コンジャクション。
この配列は340年に1度の割合とのこと。

これが2020年におこっています。

そしてコンジャクションでは、重なり合う天体同士のエネルギーが最大限に引き出されるとのこと。

まず、木星ですが良いことも、悪いことも、あらゆる物事を増長させる拡大を意味し、その活動範囲は自国から海外へと広がり、スケールの大きいものとなるそうです。

そこに物事を制限し現実化し、具体化する力をもっている土星も加わる。

周囲の状況は全く関係なく不可抗力で働いて、最高か最低かの極端な結果をもたらすとされる破壊と再生、破滅を示す冥王星 が、加わる。
特に冥王星は、ある日突然、日常生活を変貌させてしまうパワーを持っているとされています。
しかし、そのパワーは普段はOFFになっていてので、そんなに意識されないが、ひとたびスイッチがONに入ると手に負えなくなるほどの強力なパワーを発揮するそうです。

その「トリプル・グレート・コンジャンクション」が実際に始まったのは、2019年12月3日。

そして中国で「原因不明の肺炎患者」初確認は12月8日と報道されています。

今の新型コロナウイルス感染症の拡大と重なっていると言えませんか。


トリプル・グレート・コンジャクションを知っていた占星術師たちの間では、
2020年はいったいどんなことがおきてしまうのだろうかと話していた、

ということをユーチューブで耳にしたのがきっかけで、
天体と新型コロナウイルス感染症拡大の関係に興味を持ちました。

いったいいつまでつづくの。。。?


では、トリプル・グレート・コンジャンクションが解消される日が、
新型コロナウイルス感染症の終息日と言えるのでは?

早速調べたところによると、
木星、土星、冥王星の3惑星が山羊座に同時に滞在している期間は

◆2019年12月3日〜2020年3月22日
◆2020年5月11日
◆2020年7月2日〜2020年12月17日

2月17日でようやく本格的にユニット解散。

トリプルコンジャクション自体は珍しい事ではないらしいですが、
今回珍しいのは、その長さだそうです。
大体はこの状態は1ヵ月も続かずどれかの惑星が出て行ってしまうそうですが、
今回は、出て行ったと思ったら逆行して戻ってくるなど、
約9か月間近く10度以内で配列を保つそうです。

ただ、その間、特効薬や新薬が生み出される可能性のある星の動きもあるとのこと。

私は占星術は全く素人同然で、
今回の事で興味を持って調べてみただけなので、
本当にそのことは良くわかりません。

違っていたらごめんなさい。

ただ、ネットで検索していると、
まだ新型コロナウイルス感染症などの発表が一切ない2019年の年末あたりに掲載されていた「2020年度はどんな年になる?」という記事に、
トリプル・グレート・コンジャンクション関連の記事も沢山出ていて、
星の配列からある程度今の現状を読み解いている方も多くいらっしゃいました。

占星術って本当はすごいんじゃないか?と今改めて思い始めています。

今回は本当に色々なサイトでトリプル・グレート・コンジャンクションの事を調べましたが、特に印象に残ったのは下記のサイトです。

hanalei さんのサイト

CHARKHA*NOTE さんのサイト



天体と人体との密接な関係

天体人体って、
一見関係無さそうですが本当は密接につながっていることを、
今回調べてみて改めて感じざるを得ませんでした。

心臓、肺、腕、骨、、、
人間の体は、
月と密接な関係があるということを漢字が既に物語っていますしね。

出産も、潮の満ち引きに関係があると言われていて、
満月や大潮の日に出産が多いと言われているとのこと。

私も実際3人とも自然分娩での出産でしたが、
3人とも通っていた病院では出産ラッシュでした。
2番目の子は分娩後も部屋に空き室がなく、
陣痛室にもどって休まされたくらい。

後で看護婦さんに
潮の満ち引きと出産は本当に関係があるのですか
と質問してみました。

答えは、

実際のところはよくわからないけれど、
分娩が重なるときは重なるわね。
え、あなたも?え、あなたも陣痛がきたの?
と次々と入院してきて、
どうしよう、分娩室が満室!!っていう時と、
そうかと思うと誰一人出産がない時と。

やっぱり潮の満ち引きとは何等かの関係があるのかしらね、とは話しているわ。

とのことでした。

天文学や占星術について、
とても興味が湧いてきました。

そして今日の私も、
一日も早いコロナウイルスに対する薬の流通を願っています。


にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

自己紹介

自分の写真
日本人がブラジルに対して抱くイメージは、良いものとしては「サッカー」「カーニバル」「陽気なラテン民族」というところでしょうけれど、一方で「治安が悪い国」、そして 何より「発展途上国」という目で見られていることを、ひしひしと感じています。 日本のTV番組を見ていると「アマゾン」や「ファベーラ(貧民街)」などを取り上げているものが圧倒的に多いので、仕方ありませんね。 ですので、このブログでは、ブラジル移住7年目の私から見た、ブラジルのあまり知られていないオシャレな部分を沢山発信していきたいと考えています。

このブログを検索

QooQ