本日の買い物@東洋人街リベルダーデ

2020/09/04

ブラジルでの日常

t f B! P L
サンパウロ東洋人街

高い!けれどやっぱり欲しい日本食の食材。

本日、鳥居と赤い提灯の形をした街灯が有名なサンパウロの東洋人街リベルダーデにある「カザブエノ」で買ったものをご紹介します。我が家の定番、リピート商品です。

日本からの輸入品


麦茶:37.20レアル

だいぶ気温が上がってきたサンパウロ。
日本にいた時と同じように、夏は冷蔵庫に麦茶は常備です。
選んだポイントは「国産大麦100%使用」。

納豆:19.90レアル

ビックリするほど値上がりし続ける納豆。
3年くらい前は8レアルくらいで買えていたと思います。
長女が大好きな納豆は、栄養面から考えてどんなに高くても常備しています。

バーモントカレー:26.90レアル

今夜の晩ごはんの為に♪
我が家はハウスバーモントカレー一筋です。
約2年前はひと箱18レアルくらいだったのに。。。
日本にいた時のように気軽に食べることが出来ない高級料理となってしまいました。


現地で生産された日本食材など

 

カザプエノ

   

Heinz  トマトケチャップ:17.80レアル(1013g)

スーパーで買うよりここで買うほうが安いのでいつも買っています。
我が家ではケチャップと醤油をまぜて「なんちゃってソース」をよく作るので、マヨネーズよりも使用頻度が高いです。

サクラ味噌:14レアル(1㎏

日本のハナマルキなども売っていますがとても高い!
この「misso」でも十分美味しいお味噌汁が作れます。

牛の薄切り肉:38レアル(500g) 

日本人の私にはやっぱり薄切り肉のほうが馴染みがあります。
すぐ火が通るし、調理しやすくて便利なのが好きです。
以前は高くて時々しか買いませんでしたが、現在ブラジルの牛肉自体が凄く値上がりしているので、「どうせならこっち」と買う回数が増えました。

餃子の皮:1袋  2.70レアル

にら餃子をつくろうかな、と。
ちなみに我が家は餃子をつくるときに「チーズ餃子」もつくります。
以前、皮が余ってしまった時があり、冷蔵庫にあったチーズを包んで焼いてみたら大好評♪
以来必ず餃子を作るときはチーズ餃子も作ります。

鮭:44.90レアル(500g)

最近お店の冷凍コーナーに置かれるようになりました。
家族みんな鮭が大好きなので嬉しいです。
焼くだけなので簡単だし。
1ヵ月に1回の頻度で食卓に上る鮭です。

袋を開けると中はこのようになっています。



韓国系の食材も

韓国海苔:8.60レアル

子供たちのリクエストです。
日本の海苔より韓国海苔の方がお好み。

キムチ:9.90レアル(250g)

いつも買う韓国輸入のキムチではなく、今回は店員さんおすすめのカザブエノのオリジナルキムチを購入しました。
カザブエノの新商品とのことです。

スナック類:cuttlefish 6.70レアル/ pop corn chips 1袋 8.40レアル

子供たちの3時のおやつ用です。


特売品

カップヌードル

カップヌードル:1個 2.99レアル

買う予定はありませんでしたがとても安くなっていたので購入してみることに。
私はシーフードを頂く予定です♪


まとめ

物の値段が上がる一方です。。。
こんなに高いと、カレー、納豆、キムチは、面倒だけれどもうそろそろ自分で一から作らなければならなくなりそうです。。。

◆Casa Bueno◆
 住所: R. Galvão Bueno, 48 - Liberdade, São Paulo - SP
    メトロ リベルダーデ・ジャポン駅からすぐ
 営業日時:年中無休 8:00~19:00
   サイト:http://www.casabueno.com.br/


にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


自己紹介

自分の写真
日本人がブラジルに対して抱くイメージは、良いものとしては「サッカー」「カーニバル」「陽気なラテン民族」というところでしょうけれど、一方で「治安が悪い国」、そして 何より「発展途上国」という目で見られていることを、ひしひしと感じています。 日本のTV番組を見ていると「アマゾン」や「ファベーラ(貧民街)」などを取り上げているものが圧倒的に多いので、仕方ありませんね。 ですので、このブログでは、ブラジル移住7年目の私から見た、ブラジルのあまり知られていないオシャレな部分を沢山発信していきたいと考えています。

このブログを検索

QooQ